名入れノベルティ・販促品・記念品をお探しなら

0120-163-167

受付時間 10:00-18:00(土日祝を除く)

FAX 050-3398-4446FAX注文書

カテゴリ別

価格別

  • カタログ請求はこちら
  • 名入れとは

ノベルティグッズは予算消化にぴったり!人気の名入れできる短納期&低単価アイテムを紹介

2022.09.12

豆知識
ノベルティグッズは予算消化にぴったり!人気の名入れできる短納期&低単価アイテムを紹介
目次

決算月や年度末が近づくと、突然「予算が余った!」なんて声が社内のあちこちから聞こえてきますよね。

予算消化には締め日まで時間がなかったり、予算に限りがあったりと、活用方法に悩んでしまいます。

そんな時は、通年で販促や採用に使えるノベルティグッズを制作してみませんか?

会社名の名入れやブランドロゴが印刷できる商品なら、自社のPRに活用できます。

また、時間や予算が限られていても大丈夫!

ノベルティ.COMには短納期や低単価に対応した、使い勝手の良い人気アイテムを多数取り揃えています。

予算消化はなぜ必要なの?

予算消化の活用方法を検討する社内会議

 

予算消化とは、前年度に策定した予算が余ってしまった時に、年度末や期末までに予算を使い切ることを指します。

企業では利益を上げるために売上目標や費用の見込みを予め立てておき、このことを予算計画と言います。

年度初めに策定した年間予算を元に、毎月の売上や費用を計上していきますが、どうしても年度末が近づいてくると、計画と乖離が出てしまうことも。

特に費用の予算は「利益を上げるための投資」とも見なされ、会社によっては年度内に予算を使い切ることが推奨されます。

他にも、予算を使い切れないと来年度の予算が削られてしまい、次年度に確保できる予算に影響を及ぼすこともあるので、どうにか度内に計画した予算を使ってしまいたい、という事情があるようです。

予算消化とノベルティの関係

では、ノベルティを予算消化に活用する際に、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット:ノベルティなら来期にも使える

ノベルティを予算消化に使う最大のメリットは、ノベルティグッズそのものを来期に使うことができる点です。

期中や締め日までに納品できれば、経費計上としては今期に処理できるケースが多く、品物自体は期中で使い切らなくても、来期に持ち越して使うことができる場合があります。

このことから、シーズンや目的を問わずに、幅広い用途で使えるアイテムを制作すると、予算を無駄なく活用できるでしょう。

デメリット:時間と予算が無い!!

予算消化を目的にノベルティを制作する上でのデメリットは、だいたいの場合が納期までに時間がなく、予算も限られている点です。

通常のノベルティは使用の目的や配布期間を決めて、売上や費用の予算を立ててから、実施に間に合うように制作します。

しかし、予算消化の場合は社内で「予算が余りそう」という情報が出てから検討を始めます。

期末が近づいてきてから予算が余るかどうか?と、いくらくらいの予算が余るか?といった条件が分かります。

予算消化としてノベルティを作るとなると、納期までに時間がなかったり、最終調整後の余剰予算を充てることになるので、一般のノベルティと比べて、何かしらの制限が出てくるケースが多いようです。

予算消化でノベルティを制作するポイント

予算表を持つサラリーマン

 

予算消化でノベルティを作るメリットとデメリットを整理すると、以下のようなノベルティの制作ポイントが見えてきます。

・通年で使えて、名入れができるノベルティグッズ
・納期や予算に限りがあるなら、短納期で低単価なアイテムを選ぶ

通年で使える名入れアイテムが使い勝手バツグン!

ノベルティの納品や経費計上が期中だったとしても、実際には来期にまたがってノベルティグッズを使用することになるでしょう。

その際は、季節商材や特定のシーンでしか使えないアイテムは避けたほうが無難です。

ハロウィングッズであれば秋にしか使えなかったり、子供向けの玩具だとビジネスシーンでは使えないなど、ノベルティの活用範囲が狭まってしまいます。

ボールペンやエコバッグなど、誰がもらっても嬉しいノベルティグッズにすることが、来期以降も活用できるポイントです!

そして、ノベルティに社名やロゴを印刷する”名入れ”をしましょう。

もらったアイテムに会社名が印刷されていると、仕事で使う度に企業のことやサービスのことを思い出してくれます。

せっかく予算消化でノベルティを作るなら、販促や採用など幅広い用途で使えるように、名入れを施すことをおすすめします!

短納期で低単価なノベルティグッズの見つけ方

低単価なノベルティの探し方

短納期で低単価なノベルティを見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

ノベルティ.COMのコンシェルジュによると「インクジェット印刷が可能な商品であれば、約1週間で名入れをして納品することができる」と言います。

単価については、ノベルティ.COMのサイト左側に予算で検索できる機能があります。

例えば「50円以下」をクリックすると、税抜き50円以下の商品だけが表示されるシステム。

各商品ページの名入れの項目をチェックすることで、短納期かつ低単価なノベルティグッズを見つけ出すことができます。

ノベルティ.COMコンシェルジュおすすめTOP3

短納期で低単価なアイテムを早く知りたい!という方のために、コンシェルジュおすすめのノベルティグッズTOP3を紹介します。

使い勝手が良くて、名入れもできて低単価なアイテムばかりなので、予算消化のノベルティ選びに迷っているなら、是非参考にしてみてください。

TOP1:

ぺんてる ビクーニャフィール 0.7 (税込69円/税別63円)|リンク

コンシェルジュおすすめポイント!

ボールペンはビジネスやオフィスでいくつあっても重宝し、保管場所も省スペースで人気。
年度末には、有名メーカーのボールペンがお得に名入れできるキャンペーンも予定しています。
トップページの特集を随時チェックしてみてくださいね。

TOP2:

レザー調フセンブック(税込77円/税別70円)|リンク

コンシェルジュおすすめポイント!

付箋類やメモ帳はオフィス備品、営業ツールにぴったり。
レザー調のしっかりしたカバーで見栄えがよく高級感があります。
中身もメモサイズ・付箋サイズとあるので、使い分けができて便利です。

TOP3:

アドバッグ75 持ち手付 A4(税込53円/税別49円)|リンク

コンシェルジュおすすめポイント!

年に数回展示会に出展されるなら、配布用バッグは作っておいて損はなし!
保管もしやすいので、年度末にまとめて作られる企業も多いです。
書類やパンフレットが入るA4サイズが人気です。
資料のサイズや厚みを伝えるだけで、コンシェルジュがおすすめのトートバッグを提案します。

予算消化でノベルティを制作するフロー

予算を計算する経理部

 

では、実際に予算消化でノベルティを制作する時には、どのような手順で進めていけばいいのでしょうか?

1.予算消化の有無を確認 : 年度末や締め日が近付くと、経理部や財務部から、各部署宛に余剰予算についての報告や打診があります。

2.余剰予算の活用方法を検討 : 社内・部署内でノベルティの制作に余剰予算を充てるか否かを決めます。

3.納期と予算の確認 : 予算消化でノベルティを制作することが決まったら、納期と予算を確認しましょう。

4.アイテム選定 : 予算内かつ、在庫数や印刷の日程を踏まえて、期日までに納品できるノベルティを選定します。

5.ノベルティ制作を発注 : ノベルティコンシェルジュに制作アイテムを発注し、発注書や諸条件を確認します。

6.名入れデータの入稿 : ノベルティグッズに印刷する社名やロゴデータを用意し、入稿します。

7.納品 : 納品場所と納品期日を確定し、年度内の決められた日付までにノベルティグッズを納品します。

8.ご請求 : 年度内の期日で発行された請求書を受領し、経理処理に回します

予算が余りそう…そんな時はノベルティを検討

予算消化にノベルティが適している理由は、金額を単価や個数で調整できる点です。

ノベルティの制作費は主に以下のような計算式で算出できます。

・ノベルティ制作費=商品代金+版代+名入れ代+送料+消費税

余剰予算が5万円から、10万円に増えたとしても商品点数を増やすことで、なるべく予算に近い金額に調整することができます。

消化するべき予算が細かい数字でも、変更があった場合でも臨機応変に対応できて、会社に必要なものが作れることが、ノベルティを制作するメリットです。

年度末や経費精算の締め日に注意!

予算消化でノベルティを制作するなら、必ず経費の締め日について、予め経理部にチェックしておいてください。

費用の計上が発注日、納品日、使用開始日なのかによって、ノベルティ制作までの期日が異なってきます。

年度内に発注してもノベルティが会社に届いていなければ、年度内の経費として認められないこともあります。

納品日で起算して費用計上するならば、年度内にノベルティが会社に納品されている必要があるので、経費処理のスケジュールを踏まえた上で発注、制作しましょう。

例:納品日で費用を計上する場合…

3月5日相談
3月13日発注
3月20日入稿
3月30日納品
3月31日付けの請求書を発行→経費処理

このように、納品日を期中に間に合わせるために、前もって発注や名入れデータの入稿を済ませる必要があります。

通常だと年度末の3ヶ月前から、最短でも1ヶ月前には予算消化の有無が決まってきます。

日数が少なければ少ないほど、短納期のアイテムでの対応になるので、ノベルティコンシェルジュに相談の上、対応する商品を探してもらいましょう!

短納期人気No.1:

カバー付フセンメモ(税込27円/税別25円)|リンク

コンシェルジュのおすすめポイント!

配りやすい付箋はフルカラーの名入れで、最短1週間で対応できます。

短納期人気No.2:

クリップスケール(税込158円/税別144円)|リンク

コンシェルジュのおすすめポイント!

ブックマーカーや クリップとしても使える定規は、フルカラーのオリジナルデザインが最短1週間で制作できます。
デザインの相談にも対応しているのでお気軽に問い合わせを。

短納期人気No.3:

カード型除菌スプレー しっとりシトラス(税込198円/税別180円)|リンク

コンシェルジュのおすすめポイント!

ポケットに入るカード型サイズの除菌スプレーは感染対策として人気。
デザイン面も広く、最短1週間でフルカラー印刷に対応しています。

予算消化におすすめなノベルティを一挙公開

マスクケース

 

コンシェルジュのおすすめTOP3以外にも、低単価で予算消化にぴったりなノベルティグッズを厳選しました!

オフィスやビジネス需要の高いボールペンなどのステーショナリーから、展示会などでバラマキニーズに対応するバッグ類、コロナ禍で根強い人気のマスクなどの衛生用品まで、ジャンルごとにご紹介します。

定番!名入れできるオフィス文具

・カラフルラバーボールペン(税込19円/税別18円)|リンク

・ルーラー付フィルムふせん(税込110円/税別100円)|リンク

・ZEBRA サラサクリップジェルボールペン0.5(税込85円/税別78円)|リンク

・レザー調カードケース(税込107円/税別98円)|リンク

・マルチツール携帯スタンド(税込99円/税別90円)|リンク

とにかく低予算で!税抜き60円以下の人気アイテム

・抗菌ファスナーポーチ(税込24円/税別22円)|リンク

・カスタムデザイン付箋 名刺(税込48円/税別44円)|リンク

・中身が見えるフラットポーチ(税込55円/税別50円)|リンク

・ストレスチェックカード【SC-3】(税込55円/税別50円)|リンク

・ふわふわボーダーミニタオル(税込63円/税別58円)|リンク

展示会や採用イベントで使えるバラマキ名入れアイテム

・不織布ポケッタブルエコトート(税込95円/税別87円)|リンク

・カスタムデザイン付箋(L)(税込41円/税別38円)|リンク

・エコ・クラフトふせんメモ S2592(税込38円/税別35円)|リンク

・ぺんてる ビクーニャフィール 0.7(税込69円/税別63円)|リンク

・スマホスタンド付き抗菌ボールペン(税込33円/税別30円)|リンク

コロナ禍でも需要高!マスクやケースなど衛生用品

・抗菌ジッパーバッグ(税込52円/税別48円)|リンク

・カラモ 抗菌マスクケース(マスク1枚付き) (税込85円/税別78円)|リンク

・国産名入れマスク1枚(税込66円/税別60円)|リンク

・抗菌コンパクトマスクケース1個(税込108円/税別99円)|リンク

・除菌対策セット(税込217円/税別198円)|リンク

今治や泉州の国産タオルはもらって喜ばれる定番!

・今治製プリント用タオルハンカチ(税込154円/税別140円)|リンク

・泉州おくばり白タオル(税別135円)|リンク

・今治/シャーリングポケットミニハンカチ(税込162円/税別148円)|リンク

・今治ミニタオルハンカチ(税込170円/税別155円)|リンク

・今治きらめき/ミニタオル(税込180円/税別164円)|リンク

SDGsやレジ袋有料化で不動の人気!エコバッグ

・リフェロ・ソフト再生PETマルシェエコバッグ(税込283円/税別258円)|リンク

・キャンバストート(L) インナーポケット付(税込408円/税別371円)|リンク

・ザ・バッグ(コンビニタイプ)#sustainable(税込218円/税別199円)|リンク

・コンパクトエコトートバッグ(税込93円/税別85円)|リンク

・リフェロ・再生PETマチ広エコバッグ(税込173円/税別158円)|リンク

まとめ:予算消化対策のノベルティは安くて早い商品を選ぼう!

予算消化のノベルティを見つける

 

ここまで予算消化にノベルティを活用する方法や、制作時の注意点をご紹介してきました。

予算消化でノベルティを制作するなら納品までの期間が短い、単価の低い商品を選ぶのがポイントです!

また、ノベルティの制作費が年度内の費用として認められるために、必要な条件が何なのかを事前に把握することが重要です。

納期と費用をしっかりと把握して、効率的に予算を活用してくださいね。

ノベルティ ドットコムではコンシェルジュが予算や目的にあわせた製品を迅速丁寧にご提案します。

ノベルティ選びに悩んだら、ぜひノベルティ ドットコムにお問い合わせください。